墓前灯篭

お墓のこと 石仕事

こんにちは。6月も半ばを過ぎましたね。新潟県もようやく梅雨入りしました。紫陽花がキレイに咲いています。

先日、南魚沼市にて墓前灯篭の取り付けをさせていただきました。石の種類は中国産の長泰細目というグレーの石です。

私たちの住む新潟県中越地域は日本屈指の豪雪地域ですので、高さのある灯篭を設置する場合は、雪害対策をとる必要があります。対策を講じないと雪が解ける時に石が雪に引っ張られて倒壊破損する事が多いです。

今回のお客様は灯篭の火袋に火をともさないとのことでしたので、灯篭の中心に穴をあけ、ステンレス棒で部品と部品をつなぎながらの接着となりました。丈夫にする為に、可能であれば今回のお客様のように火袋までステンレス棒を通す工法をお勧めします。ただし、お盆の際に迎え火として実際に火を灯す場合は今回のような施工はできない部分がでてくるので、その場合は接着剤を多く使えるような形に加工する事をお勧めしています。

完成間際、お施主さんのご夫婦が灯篭の前で記念撮影をしていました。とても仲の良い笑顔のステキなご夫婦でした。ありがとうございました。

高見石材ではお墓だけでなく、お墓まわりの小物の取り扱いもおこなっています。お気軽にご相談ください(^^)/

関連記事